アロマオイルとは

アロマテラピー用品、アロマ成分配合、アロマという言葉があちこちで聞くようになりましたが、そもそもアロマテラピーとはなんなのでしょうか?
アロマオイルとエッセンシャルオイルの違いは?
よく調べてから自分に合った使用方法で楽しみましょう。

【アロマテラピー = 芳香療法】
アロマとは『芳香』テラピーは『療法』という意味です。すなわち直訳すると芳香療法ということになります。
アロマテラピーという言葉は一般的に植物から抽出されたエッセンシャルオイル(精油)を使った健康法と定義されています。
しかし、決してエッセンシャルオイル(精油)を使ったものだけとは限りません。
ハーブティーもそうですし、森林浴に行くのもアロマテラピーの中に含まれるのかも知れせん。
現に好きな香りを嗅ぐと良い気分になったことはありませんか?
療法と言うのは治すためだけではなく、
どちらかというとアロマテラピーの場合の『療法』は予防であったり
リラクゼーションやリフレッシュに役立てる方かもしれません。
身体や精神の恒常性(ホメオスターシス/生体の内部や外部の環境に応じて一定の範囲で体内環境を維持する働き)の維持と促進を図り、正常な健康を取り戻すために改善していくことを示す方が大きいと思います。
人間には本来、自分で自ら身体を治そうとするチカラ自然治癒力が備わっています。
しかし、どうでしょう。
自分が思っている以上のストレスを感じ、色々出来事が重なり免疫が落ちていたら・・。
人間が生まれつき持っている、けがや病気を治す能力は発揮されないのです。

【どのように伝わっていくのか】
《鼻から脳へ》
香りは嗅覚から脳に伝わります。脳の中でも大脳辺縁系という脳の原始的な部分(嗅球・嗅索・扁桃体・海馬など)感情や記憶、性欲や直感など本能行動・情動の調節を営む部分に伝わります。そのため香りを嗅ぐと『いい香り~』と感じたり、『ちょっと苦手。。』と感じたり感情や気分に直接影響が出てくるのです。また大脳辺縁系は自律神経や内分泌系を調整している中枢神経であるため全身の調整にも影響を与えるのです。

《肺から全身へ》
呼吸によって鼻や口から取り込まれた芳香成分は嗅覚に行くものもありますが一部は気管や気管支に入り咳を鎮めるなどの作用をもたらします。気官や気管支から肺に入った芳香成分は肺胞からわずかに血液中に入り全身をめぐって各組織や器官に届きます。

《皮膚から全身へ》
皮膚は、表皮・真皮・皮下組織から構成されマッサージや入浴などで皮膚についた精油成分は分子が小さいため表皮を通過し、皮膚の真皮に到着します。毛細血管やリンパ管に入り全身を巡るのです。

【アロマオイルとエッセンシャルオイルの違い】
日本ではエッセンシャルオイル(精油)が雑貨扱いのため、そのお店により、一般的に馴染みやすいようエッセンシャルオイル(精油)をアロマオイルと表記しているところもたくさんあります。
ですから、アロマオイルと表記されているからと言って、すべてに当てはまるのもではないですが、アロマオイルとは販売の時点でキャリアオイルなどと混合されている商品(マッサージオイル)のことを表す場合もありますし、また肌に塗布目的ではなく芳香だけを楽しむ目的として合成香料やアルコールなど混ざられて売られているものもあります。
植物本来の効能や身体に使用したい場合はエッセンシャルオイル(精油)と表記されている方を使用した方が良いかもしれません。価格も違いが出てくるでしょう。アロマオイルと違い100%天然のエッセンシャルオイルは高価かもしれません。いずれにせよ、選ぶのはご自身なのですからそのことを考えて自分になった目的で選ぶのをおすすめします。

【エッセンシャルオイルの選び方】
品質の良いエッセンシャルオイルを選ぶときはいくつかの点を気を付けてえらびましょう。

1. 天然のエッセンシャルオイルかどうか
エッセンシャルを選ぶとき商品パッケージや瓶にある表記を確認する。
(1) 品名(エッセンシャル名)
(2) 学名・科名
(3) 原産地(原料が栽培された場所)
(4) 抽出部位(植物のどの部分から抽出されたか)
(5) 抽出方法
(6) 内容量
などが記載されているか確認しましょう。
その他にも輸入元、製造元、取扱説明が表示されていれば安心です。
製造年月日・品質保持期間なども表記されている場合が安心です

2. 容器
エッセンシャルオイル(精油)は光によって品質が変わっていきます。またプラスチックなどは変質する場合もあります。容器は光を遮る遮光ビンに入っている方が良いと思います。
また開封すると酸化も始まりますので密閉タイプになっていると安心です。
瓶口は1滴づつ落ちてくるようドリッパーがついているものが良いでしょう。

3. 香り
直接香りを嗅げる場合では、どのエッセンシャルオイル(精油)を購入する場合も香りを嗅いでみると良いと思います。同じ100%天然のラベンダーのエッセンシャル(精油)でも取り扱っているメーカーにより若干香りが変わってきます。これは産地だけではなく、その時の気候、各メーカーの蒸留方法でも変わってくると思います。
せっかく使うなら自分の気持ちに沿ったエッセンシャルオイル(精油)を選ぶことも大切です。

【最後に】
エッセンシャルオイル(精油)の定義は、各協会によりありますが、アロマオイルの定義は実際の所ありません。
しかし、アロマオイル表記の商品がすべてが悪いものだとは思っていません。
香りを楽しむ目的に使う場合…。
身体に塗布する場合…。
それぞれ使う用途により、ご自身に合ったアロマオイルまたはエッセンシャルオイル(精油)を選んで使用してください。