アロマオイル・エッセンシャルオイル(精油)の簡単な使い方

アロマオイル・エッセンシャルオイル(精油)使用方法は決して難しいものではありません。
好きな香りを手に取り深呼吸。たったこれだけでも香りの成分は身体に心に働きかけるのです。
その他にも楽しむ方法はたくさんあります。
・香りを空気中に広げる芳香浴法。
・入浴時などお湯にエッセンシャルオイルをいれ楽しむ沐浴法。
・鼻づまりやのどの不調などには吸入法。
・身体に塗布する湿布法。
・キャリアオイルとブレンドしマッサージするトリートメント法
など用途に合わせた使用方法を紹介していきます。

【芳香浴法】
アロマテラピーにおいて精油を空気中に拡散して香りを楽しむことにより身体と心に働きかける方法です。心の状態をより良い状態に導いてくれます。また殺菌作用の高い精油を使うと空気の除菌にもなります。
アロマオイル・エッセンシャルオイルを使う一番簡単な使用方法だと思います。

手軽な方法
例えば、ティッシュやハンカチにエッセンシャルオイルを1、2滴つけ持ち歩いたりしてみましょう。仕事の合間など香りを嗅ぎ楽しむこともできます。
新生活に緊張し、ちょっと疲れたときは休憩中にリラックス効果のあるオレンジやベルガモットなど柑橘系の香りで癒されるのはどうでしょうか?
その他にも枕もとに置くこともできます。電気や火を使わない方法として幅広く、そして簡単に楽しむことができます。
精油によっては色やシミがついたりしてしまうことがあるので布製品や革製品には避けた方がいいでしょう。
ティッシュやハンカチだと見た目が・・って方は持ち運べる専用のアロマネックレスを見に付けたり石の素焼きのツボなどもありますのでそちらを職場のディスクに置きアロマオイルやエッセンシャルをたらし活用するのも良いと思います。
また芳香浴法はまだまだ楽しむ方法がたくさんあります。

マスクに香りづけする方法もあります。
風邪の引き始めや鼻水が気になる時、感染症が蔓延している時の予防などに役立ちます。
肌に直接エッセンシャルが付かないようマスクの外側に1滴ユーカリやティートリー、ペパーミントなどをつけ深呼吸してみてはいかがでしょうか。鼻や喉にスーッとした香りが漂いスッキリした感じがします。

《オイルウォーマー》
アロマポットとも呼ばれています。上部にあるくぼみや皿に水を入れそこに精油を入れます。あとはろうそくに火をつけ水が熱せられて蒸発します。その蒸発と共に精油の香りが拡散します。使用上の注意として火気の扱いには十分注意して下さい。就寝時には、ろうそくを消すようにしないといけません。空焚きをしないように時々水を差しましょう。

《アロマライト》
電球の熱を利用して精油の香りを拡散させる方法です。使用方法はオイルウォーマーと同じで上部の皿に水を入れ精油をたらします。空焚きしないように水を差すことを忘れないようにしましょう。オイルウォーマーと違い火を使わないので寝室でも使用できます。明かりがつくタイプは見た目でも癒されます。

《アロマディフュザー》
超音波による振動で精油を空気中に拡散させます。電気式や電池式もあります。
蒸気を共に香りが拡散されるので香り立ちもよく広い場所でも十分使えます。
ファン式タイプでは殺菌効果の高い精油を使うと空気の清浄にもなり香りを楽しむ以外にも使えます。

《アロマスプレー》
いつでもどこでもシュッとひと吹きするだけで空間の印象がガラリと変わるアロマスプレーも楽しむ方法の一つです。
アルコールと精製水そしてエッセンシャルオイルがあれば簡単に出来上がります。車の中や宿泊先のホテルなどに持ち込め空間作りに役立ちますし、精油の種類を変えると虫よけスプレーにも除菌スプレーにもなります。

【沐浴法】
入浴時などエッセンシャルオイルをいれ楽しむ方法です。リラクセーション効果と温熱効果と精油の薬理作用により相乗効果が発揮されます。

1. 全身浴法
1~5滴の精油を天然塩やキャリアオイルに混ぜ浴槽の湯の中に入れます。
リラックスしたい時は ぬるめのお湯でゆっくりと。
リフレッシュしたい時は 少し熱めのお湯で短時間浸かるように入ると良いでしょう。

2. 半身浴法
1~3滴の精油を天然塩やキャリアオイルに混ぜ浴槽の湯の中に入れます。
みぞおちから下しか浸からないので心臓への負担も全身浴よりかかりません。
汗が十分に出るぐらい入っていると全身が温まります。

3. 部分浴法
1~3滴の精油を天然塩やキャリアオイルに混ぜ浴槽の湯の中に入れます。
身体の一部だけ湯につけて温めることにより全身を温めることができます。
足浴法(フットバス)
両足首まで浸かります。座りなからできるので介護の現場や入浴ができない時などでも気軽に行えます。全身の血行をよくしたい時におすすめです。
手浴法(ハンドバス)
両手首まで浸かります。風邪などで全身浴ができない時、上半身の血行をよくしたい時などにおすすめです。

洗面器等があれば手軽に行うことができます。

注意・肌に異常を感じた場合は直ちに洗い流す。
  ・お年寄りや子供、敏感肌の人は精油の量を減らす。
  ・エッセンシャルオイルを使用するようにする。
  ・柑橘系やスパイス系は刺激を起こす場合があるので注意する。

【吸入法】
精油成分を花と口から吸収していきます。
風邪の症状(鼻やのどの痛みの)の緩和に適しています。

1. 蒸気吸入法
洗面器 マグカップなど熱湯を入れ1~3滴の精油を落とし湯気と共に精油成分を吸収する方法。
2. ハンカチなどに付け精油成分を吸収する。

注意
・蒸気吸入法は目を閉じて行う。
・湯気が立たなくなったら精油ではなくお湯をたす。
・咳が出るときは避ける(ぜんそくも)
・ハンカチにシミにならないよう気を付ける。
・直接嗅ぐので長時間の吸入は避ける

【トリートメント法】
精油と植物油を希釈したオイル(トリートメントオイル)を使い非医療行為としてマッサージする方法。トリートメントオイルを手に取り両手のひらを使いトリートメントしたい場所に伸ばしていきます。すべりが悪くなったらオイルを足しましょう。
希釈方法は植物油に対して1%が目安です。顔に付ける場合は0.5%濃度が目安です。
敏感肌の方 お年寄り 子供に行う場合は低い濃度で行うようにし、精油自体使わない方法として植物油のみでトリートメントする方法もあります。

注意
・トリートメントする場合は原液を使わずならず希釈する。
・オイルを作成した日を記入し高温多湿を避けできるだけ早く使い切るようにする。
・使用する人の健康状態に合わせ、パッチテストを行ってから使用する。
・肌のかゆみ、炎症などが起こった場合は使用を中止し大量の水で洗い流す。
・必要があれば皮膚科を受診する。
・合成オイル(ポプリオイル、エッセンスオイル、ハーブオイル)などではなく、天然の素材であるエッセンシャルオイル(精油)を使用するようにする。

希釈例
精油瓶の一滴が0・05mlの場合
・10mlの植物油に対して1%の精油は合計2滴入れればよい。
・20mlの1%の場合は 合計4滴。
・10mlの0・5%の場合は 半分なので1滴となる。

【湿布法】
手軽にできる応急措置として使われる方法です。
洗面器に水か湯を張り 精油を3滴以下入れます。
タオルや布を浸し固く絞って湿布したい場所にのせます。
急性のトラブルには冷湿布法(水を使用)
慢性トラブルには温湿布法(お湯を使用)が良いでしょう。
どちらとも肌に直接精油成分が触れる場合があるので精油選びや時間などを考えながら行う。

上記にあげた以外でも スキンケア(化粧水・乳液・パック)などにもエッセンシャルオイルは使用できます。
使用する目的に応じて濃度、そして合成オイルと区別して使用することを気を付けなければなりません。